子供の予防接種に対してのQ&Aです。赤ちゃんの予防接種で不安や疑問があるママは参考にして下さい。

紹介中Q&A一覧

妊娠の兆候,妊娠検査薬,妊娠中の出血,着床出血,妊娠中のうつ病,妊娠高血圧症候群,子宮筋腫,つわり,つわりの症状や対策,早産の原因,つわり時期,つわりの症状,つわりの対策,妊娠中の食生活,食事,妊娠中の栄養バランス,妊娠中のカフェイン,妊娠中のサプリメント,妊娠中のタバコ,陣痛,切迫早産,早産の兆候,陣痛の痛み,出産で入院中に必要な物,出産で入院中に必要な物,出産費用,出生届,母乳育児,予防接種,予防接種の仕組,赤ちゃんの予防接種,予防接種のスケジュール,妊娠1ヵ月,妊娠2ヵ月,妊娠3ヵ月,妊娠4ヵ月,妊娠5ヵ月,妊娠6ヵ月,妊娠7ヵ月,妊娠8ヵ月,妊娠9ヵ月,出産,立会出産

HOME >予防接種

子供の予防接種に対してのQ&Aです。赤ちゃんの予防接種で不安や疑問があるママは参考にして下さい。

【ヤフーブックマーク】ホームページ素材「矢印」
【お気に入りに追加】ママになる
スポンサードリンク
【予防接種のQ&A】
予防接種の仕組や初めての妊娠で不安や疑問がある。妊娠の兆候から妊娠・出産兆候〜出産と経験があるけど妊娠・出産について、もう一度確認しておきたいという妊婦さんに良い情報をお届けするサイトです。
定期接種と任意接種

Q.予防接種は何の為に受けるの?
A.予防接種は、様々な感染症を予防する為に接種します。
赤ちゃんは生後3ヵ月〜生後6カ月くらいを過ぎると、妊娠中のママからもらった免疫での抵抗力が自然に失われてしまいます。その為に赤ちゃんが自分自信で免疫を作り病気を予防できるように役立てる予防接種になります。
※法律では、予防接種は任意になっています。予防接種のメリット・デメリットをよく理解して、予防接種を受けるか受けないかを判断しましょう。

Q.定期接種と任意接種って?
A.予防接種には、定期接種と任意接種があります。
定期接種は、一定の年齢になったら受ける事が望ましいと法律で定められた予防接種です。
・三種混合(ジフテリア、百日ぜき、破傷風)
・BCG
・ポリオ
・はしか
・風疹混合
などが対象になります。

定期接種の対象の感染症は感染力が強い為に、赤ちゃんが感染すると重症になる場合が多い為に受ける事が望ましいと法律で定められた予防接種になります。この感染症を予防する方法が予防接種以外に有効な手段がありません。

任意接種は、赤ちゃんの周囲の環境・家族の状況などで受けるかどうか親が任意に選択する予防接種です。
・おたふくかぜ
・水ぼうそう
・インフルエンザ
・B型肝炎
などが対象になります。

任意接種の対象の病気は、一般的にかかっても軽い症状ですむものがほとんどです。任意摂取は保険が適用されないので費用は自己負担になります。

Yahoo!ブックマークに登録する Yahoo!ブックマークはてなブックマークに登録する はてなブックマークlivedoorクリップに登録する livedoorクリップ
FC2ブックマークに登録する FC2ブックマークBuzzurlブックマークに登録する Buzzurlブックマークnewsingブックマークに登録する newsingブックマーク
イザ!ブックマークに登録する イザ!ブックマークdel.icio.usブックマークに登録する del.icio.usブックマークニフティクリップに登録する ニフティクリップ
Googleに追加My Yahoo!に追加goo RSSリーダーに追加
Technoratiに追加livedoor Readerに追加はてなRSSに追加
Bloglinesに追加PAIPOREADERに追加newsgatorに追加
feedpathに追加
Copyright (C) 2007 ママになる! All Rights Reserved.