妊娠中のタバコ・受動喫煙に対してのQ&Aです。妊娠中のタバコでお悩みのママは参考にして下さい。

紹介中Q&A一覧

妊娠の兆候,妊娠検査薬,妊娠中の出血,着床出血,妊娠中のうつ病,妊娠高血圧症候群,子宮筋腫,つわり,つわりの症状や対策,早産の原因,つわり時期,つわりの症状,つわりの対策,妊娠中の食生活,食事,妊娠中の栄養バランス,妊娠中のカフェイン,妊娠中のサプリメント,妊娠中のタバコ,陣痛,切迫早産,早産の兆候,陣痛の痛み,出産で入院中に必要な物,出産で入院中に必要な物,出産費用,出生届,母乳育児,予防接種,予防接種の仕組,赤ちゃんの予防接種,予防接種のスケジュール,妊娠1ヵ月,妊娠2ヵ月,妊娠3ヵ月,妊娠4ヵ月,妊娠5ヵ月,妊娠6ヵ月,妊娠7ヵ月,妊娠8ヵ月,妊娠9ヵ月,出産,立会出産

HOME >妊娠中のタバコ

妊娠中のタバコ・受動喫煙に対してのQ&Aです。妊娠中のタバコでお悩みのママは参考にして下さい。

【ヤフーブックマーク】ホームページ素材「矢印」
【お気に入りに追加】ママになる
スポンサードリンク
【妊娠中のタバコQ&A】
妊娠中のタバコ・受動喫煙についてや初めての妊娠で不安や疑問がある。妊娠の兆候から妊娠・出産兆候〜出産と経験があるけど妊娠・出産について、もう一度確認しておきたいという妊婦さんに良い情報をお届けするサイトです。
■妊娠中にタバコを吸うと、どんな悪影響があるの?
Q.妊娠中のタバコはやっぱり良くないんですか?
A.妊娠中のタバコは母体にも胎児にも悪影響です。
妊娠中のタバコと限らず、タバコを吸う事で母体には色々な影響があります。1番は、子宮ガンだと思います。非喫煙者と喫煙者では、子宮ガンの死亡確率が1.6倍です。
その他には、肌に悪い事や歯槽膿漏などです。妊娠中は、抵抗力が弱くなっているのでタバコでの影響が高くなります。
妊娠中にタバコを吸う事で胎児に悪影響があります。まず、妊娠中にタバコを吸う事で血管が細くなり胎児に十分な栄養や酸素が届かなくなります。喫煙の量が多ければ多いほど悪影響して新生児の体重が少なくなる傾向があります。
喫煙者と非喫煙者の新生児を比べると体重が200g前後少なくなるとの事です。
体重が少なくなる事によって未熟児での出産のリスクが上がります。どのくらいのリスクが上がるのかと言うと非喫煙者に比べると2〜3倍で未熟児出生のリスクが上がります。流産・早産の確率も上がります。

・流産のリスク
非喫煙者に比べると2倍でリスクが上がると言われています。

・早産のリスク
非喫煙者に比べると1.5倍でリスクが上上がると言われています。

妊娠中は、とくに喫煙はダメと言う事です。
また、家族で喫煙者がいる場合も受動喫煙と言って非喫煙者もタバコを吸わされている状態になります。もし家族に喫煙者がいる場合には、話し合って理解をしてもらって妊娠生活を安心出来るものにしましょぅ。

Yahoo!ブックマークに登録する Yahoo!ブックマークはてなブックマークに登録する はてなブックマークlivedoorクリップに登録する livedoorクリップ
FC2ブックマークに登録する FC2ブックマークBuzzurlブックマークに登録する Buzzurlブックマークnewsingブックマークに登録する newsingブックマーク
イザ!ブックマークに登録する イザ!ブックマークdel.icio.usブックマークに登録する del.icio.usブックマークニフティクリップに登録する ニフティクリップ
Googleに追加My Yahoo!に追加goo RSSリーダーに追加
Technoratiに追加livedoor Readerに追加はてなRSSに追加
Bloglinesに追加PAIPOREADERに追加newsgatorに追加
feedpathに追加
Copyright (C) 2007 ママになる! All Rights Reserved.