妊娠高血圧症候群の症状を理解しておきましょう。そして妊娠高血圧症候群の予防をしましょう!

紹介中Q&A一覧

妊娠の兆候,妊娠検査薬,妊娠中の出血,着床出血,妊娠中のうつ病,妊娠高血圧症候群,子宮筋腫,つわり,つわりの症状や対策,早産の原因,つわり時期,つわりの症状,つわりの対策,妊娠中の食生活,食事,妊娠中の栄養バランス,妊娠中のカフェイン,妊娠中のサプリメント,妊娠中のタバコ,陣痛,切迫早産,早産の兆候,陣痛の痛み,出産で入院中に必要な物,出産で入院中に必要な物,出産費用,出生届,母乳育児,予防接種,予防接種の仕組,赤ちゃんの予防接種,予防接種のスケジュール,妊娠1ヵ月,妊娠2ヵ月,妊娠3ヵ月,妊娠4ヵ月,妊娠5ヵ月,妊娠6ヵ月,妊娠7ヵ月,妊娠8ヵ月,妊娠9ヵ月,出産,立会出産

HOME 妊娠高血圧症候群 Q&A

妊娠高血圧症候群の症状を理解しておきましょう。そして妊娠高血圧症候群の予防をしましょう!

【ヤフーブックマーク】ホームページ素材「矢印」
【お気に入りに追加】ママになる
スポンサードリンク
【妊娠高血圧症候群 Q&A】
妊娠高血圧症候群や初めての妊娠で不安や疑問がある。妊娠の兆候から妊娠・出産兆候〜出産と経験があるけど妊娠・出産について、もう一度確認しておきたいという妊婦さんに良い情報をお届けするサイトです。

■妊娠高血圧症候群の症状
Q.妊娠高血圧症候群とは?
A.「高血圧」「尿タンパク」の症状が見られた場合に妊娠高血圧症候群と言います。※「高血圧」「尿タンパク」の症状ですが、妊娠前から持っている症状でなく、妊娠後に症状が現れた場合になります。

「妊娠高血圧症候群について」
約10%の妊婦さんが妊娠高血圧症候群になっています。
妊娠8ヶ月(妊娠後期)に、妊娠高血圧症候群の症状が出る事が多いです。
妊娠中期などに、妊娠高血圧症候群の症状が早く出ると悪化する傾向があります。そして重症になった場合には母子共に危険な状態になります。その時に経膣分娩が難しいと言う判断をされた場合には帝王切開になる事もあります。

「妊娠高血圧症候群になりやすいタイプ」
《太りすぎの人》
※太り過ぎていると心臓を圧迫し血圧を上昇させます。

《糖尿病・高血圧・腎臓病の人》
※これらの持病を持っている人や過去にこれらの病気になった人は、妊娠高血圧症候群になりやすいタイプです。
また家族がこれらの病気になっている・なった事がある場合も妊娠高血圧症候群になりやすい傾向があるので注意して下さい。

《高齢初産と若年出産の人》
※高齢初産の場合は妊娠糖尿病などを併発しやすくなり、若年出産は、統計的に妊娠高血圧症候群なりやすいとの報告があります。

《多胎妊娠の人》
母体への負担が大きくなる事で妊娠高血圧症候群になりやすいタイプになります。多胎妊娠の人は、色々な機能に負担をかける事が多く、その他の病気も引き起こしやすくなるので注意して下さい。

「妊娠高血圧症候群の予防」
・体を労わり疲労やストレスを溜めない様にする。
・睡眠を多くとるように心がけ実行する。
・軽い散歩や軽い運動をする。
・日常生活をリラックスして過ごす。


Yahoo!ブックマークに登録する Yahoo!ブックマークはてなブックマークに登録する はてなブックマークlivedoorクリップに登録する livedoorクリップ
FC2ブックマークに登録する FC2ブックマークBuzzurlブックマークに登録する Buzzurlブックマークnewsingブックマークに登録する newsingブックマーク
イザ!ブックマークに登録する イザ!ブックマークdel.icio.usブックマークに登録する del.icio.usブックマークニフティクリップに登録する ニフティクリップ
Googleに追加My Yahoo!に追加goo RSSリーダーに追加
Technoratiに追加livedoor Readerに追加はてなRSSに追加
Bloglinesに追加PAIPOREADERに追加newsgatorに追加
feedpathに追加
Copyright (C) 2007 ママになる! All Rights Reserved.